女性が住みやすい街のポイントは?

女性の住みやすい街の条件

住みやすい街を考える時に、女性の場合はさまざまなことに気を使う必要があります。
女性にとっての住みやすさを考える時にどのような点を重視するべきなのかを説明しましょう。

まずは安全性です。
女性の場合はたとえば夜間に一人で歩いている時に襲われてしまう危険性があります。
防犯面で安心した暮らしを送れる街でないと、怖くて女性が生活することが困難となるでしょう。

その街を見た時に、たとえばゴミが色々なところに捨てられていたり、放置自転車がたくさんあるような場合は避けたほうが良いです。
また、駅から自宅に向かう時に暗い道や人通りの少ない道がある場合は気をつけましょう。
路地の中に入らなければいけない場合は女性にとっては危険です。

静かな環境を求めて閑静な住宅街の中を求める人は多いです。
しかし、そのような場所は夜になると不安を感じることが多いため、静かすぎるのも考えものです。

また、買い物が便利にできるかどうかもかなり重要です。
特に自炊をしたり、お弁当を作る人にとっては近所にスーパーがないととても不便です。
できるだけたくさんのお店が周りに集まっている環境が望ましいでしょう。

駅からの帰り道に気軽に立ち寄れる商店街があれば良いでしょう。
ただし、帰宅が遅くなりやすい方の場合は、24時頃まで営業しているスーパーがあるか確認しておくべきです。

どのような飲食店があるのかも重要です。
特に女性が一人でも入りやすい雰囲気のお店がたくさんあることは大切でしょう。
飲食店街があっても、風俗営業店が混じっていて、女性が歩きにくいことがあるため、気をつけましょう。

女性が住みやすい街

以上で説明してきたポイントを踏まえて、女性が住みやすい街は一体どこなのか具体的な地名を紹介しましょう。
まず、東急田園都市線の通る桜新町です。
静かな住宅街であり、商店街も存在して、女性向けのお店も点在しているためおすすめです。

小田急線の通る経堂も女性におすすめできる街の一つです。
駅前には活気のある商店街があり、夜間でも営業しているお店が多いです。
大学があるため、家賃が安いのもおすすめポイントの一つとなります。

東急池上線の通る戸越銀座は、近くに都営浅草線の通る戸越があり、とても便利です。
活気あふれる商店街があり、物価が安いため暮らしやすいです。

都会の環境を求めるならば、東西線の通る神楽坂が良いでしょう。
足回りが便利なため気軽に都内を回ることができます。
飲食店の種類が豊富であり、オシャレなレストランやカフェもあります。

最後に京浜東北線の通る河口をおすすめしましょう。
大型の商業施設やシネコン、商店街があり、とても便利な街です。
物件の種類も豊富なため、女性向けの住まいを見つけやすいです。