男性のひとり暮らしは孤立しない町がおすすめです

一人暮らしは孤立に注意

若い世代を中心に単身で暮らしている人が増えています。
若いうちは独り身でも特に問題なく生きていくことができるのですが、年齢を重ねるごとに孤独死のリスクが高まります。
高齢者の孤独死が話題となることが多いのですが、実は男性の場合は50歳から孤独死が増えているという事実があります。

特に所得が低くて、生活保護率が高く、失業率も高い地域では男性の孤独死が多いという結果があります。
特に東京の場合は一人暮らしの男性が多く、孤独死の可能性が高くなります。
失業してしまうと、社会から孤立するため、誰にも気付かれずに死んでしまうのです。

孤独死を避けるためには、一人暮らしでも孤立しにくい街で生活をすることが大切です。
一人暮らしをしている男性は特に注意して住む街を選びましょう。

孤立しない街とは

東京都内で一人暮らしをしている人の割合が大きな区として、渋谷区は38%、新宿区や豊島区、中野区なども35%を超えています。
逆に少ない区として、葛飾区や江戸川区、足立区、江東区などは16から18%と低くなっています。
そして、一人暮らしをしている人の少ない区の方が孤独死をしている人が多いという結果が出ています。

この結果から考えると、一人暮らしの人が多い地域で暮らす方が孤立せず、孤独死を避けることができるといえるでしょう。
男性が気軽に地域のコミュニティに参加することができて、一人暮らしでも暮らしやすい雰囲気のある街は孤立を避ける事ができます。
また、失業率を改善するための施策を行っている区に住むことも大切でしょう。

以上のことを踏まえて一人暮らしの男性におすすめの街をいくつか紹介しましょう。
まずは東急東横線と日比谷線の通っている中目黒です。
まず、中目黒には飲食店がたくさんあり、さまざまなレストランやカフェなどが点在しています。

駅は2路線利用できて、始発も多く出ているためとても便利です。
恵比寿や代官山などに歩いて行くことができて、タクシーを使えば気軽に六本木や表参道までアクセス可能です。
一人暮らしの方が多いため、安心して暮らせます。

中野から西荻窪までの地域も一人暮らしにピッタリです。
男性一人でも気軽に入ることのできる飲食店やショップ、ライブハウスなどがあります。
それらのお店を訪れて、常連になることができれば、孤独死のリスクを下げられるでしょう。

笹塚から明大前、下北沢あたりも一人暮らしに良い街です。
自炊のために便利な商店がたくさんあります。
新宿からは歩いて5分の距離にあるため、とても便利です。

このように東京には一人暮らしの方でも快適に暮らせる街がたくさんあります。
男性の単身者の多い地域の方が、孤立死を避けて、楽しい暮らしを満喫できる可能性が高いでしょう。