吉祥寺と三鷹のおススメレジャースポット

人気エリアのレジャースポット

都心から離れていてもとても人気のあるエリア、それが吉祥寺。
ショッピングスポットも多いですので若者に人気のエリアかと思えば、大きな公園もあり子供連れのファミリーにもとても人気があります。
23区外でも特に人気の得るエリアスポットではないかと思いますが、都心部のようにとはいかなくてもかなり発展している地域ですので済むのに困るようなことは一切ありません。
よって、住宅も多いですので23区内で仕事をされている方にも人気です。

吉祥寺や三鷹へは、新宿四谷、東京、秋葉原などから中央線や中央線快速に乗ること約15分。
一番のスポットと言えばやはり、井の頭公園ではないでしょうか。
井の頭公園はお花見でとても有名な公園となっていて、3月下旬から4月上旬までは花見を楽しむ方々で公園内がうめつくされます。
知らない人はいないといっても過言ではないくらい有名な公園の一つで、花見の時期のみならず秋の紅葉もとてもキレイです。

縄文時代の遺跡などが発見されているというところも、歴史の古い公園であるということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

チケットについて

入園はいつでもOK、井の頭公園を利用するのに料金がかかることはありません。
中央線・京王井の頭線で吉祥寺駅より徒歩5分のところにあります。

また京王井の頭線の井の頭公園駅からなら、徒歩で1分程度のところですのでお子様連れにも気軽に利用できる公園です。

そして忘れてはいけないのが三鷹にある「三鷹の森ジブリ美術館」。
日本が誇る宮崎アニメ「ジブリ」の美術館で、一階は展示場となっています。

2階には、ネコバスなど大きな人形があたりと小学生以下であればネコバスに乗車できるという子ども心をくすぐるスポットです。

9f30f99fca22d908579e5c3d259d185a_sただ、いつでも行けば入れるというわけではありません。

事前にチケットを購入しておかないといけませんので、三鷹の森ジブリ美術館へ行く際は事前にチケットを購入しましょう。

基本は火曜日が休みですが、メンテナンスや冬季、展示入れ替えによる休日が発生することがありますので、こちらについても事前にチェックしておく事をお勧めします。
10時、12時、14時、16時の4回が入館することができる時間帯となりますが、現在は入れ替え制は行われていませんので、入館してから閉館までずっといるということもできます。
大学生以上は1000円、中高生は700円、小学生は400円、4歳以上は100円。
毎月10日から翌月分をローソンのロッピーのみで販売しています。

中央線三鷹駅南口を降りて徒歩15分と、駅から若干遠いところはありますが一度訪れて損をすることはないでしょう。
大人も子供も楽しめるスポットとしてとても人気がありますのでおススメです。