23区近郊の公園(JR沿線)

井の頭恩賜公園

東京都武蔵野市にある井の頭恩賜公園。
この公園名は全国的にも有名ですので、知らないという方のほうが少ないのではないでしょうか。

大正2年に日本で最初に郊外公園として決定されたことを受けて、計画的に整備された公園だと言います。
井の頭池は、初めて江戸にひかれた水道、神田上水の源であり明治31年までその役割を果たしていました。
園内には、井の頭池をはじめとして雑木林、自然文化園のある御殿山、運動施設のある西園などがあり、大変広大な公園の一つとなっています。

小金井公園

また、桜の名所として知られている小金井公園も周辺住民の心を癒している公園です。
多摩川上水沿いに位置しており、大変アクセスの良い場所にある公園の一つとなっており、上野公園の1.4倍、日比谷公園の4.7倍もの面積を誇っています。
春には咲き乱れる桜を見ながらお花見、夏にかけて新緑を感じながらのサイクリング、秋には紅葉と一年を通して楽しむことができる公園と言っても良いかもしれません。
この小金井公園は、戦後、東宮仮寓所に使用されていたのですが、農地解放によって4割を失ってしまっていました。

しかしながら、昭和29年に都市公園として開園されたのをきっかけに、順次拡大され今の小金井公園に至っています。
1月にはたこあげ退会、4月はさくらまつり、8月には薪能、秋にはお月見などのイベントも開催されています。
バーキュー広場もあり、サイクリングコースも整備され、ドッグランもありますのでご家族、ご友人通しで楽しむことができる公園です。

そしてもう一つ、水と緑に囲まれた公園として知られている野川公園もおススメです。
もともとはゴルフ場だったところを昭和49年に改修し、神代植物公園、武蔵の公園、多摩霊園、調布飛行場、浅間山公園、府中の森公園などの緑地を含め「武蔵の森構想」のもと造成された公園となっています。
2d8daf44052fc8a86c84b41ea119a724_sテニスコート、ゲートボール場、木製遊具が完備されており、バーベキュー広場に少年キャンプ場も併設されていますので、お子様連れのファミリーに大変人気があります。
広大な芝生に、春の野川、東京都は思えない自然豊かな公園で四季折々の花を楽しむことができます。

東京都は都心部のみが遊ぶ所というわけではありません。
買い物やショッピングをするのは都心部が良いのは確かです。
しかしながら、公園もたくさんあり、自然に囲まれながら有意義な時間を過ごすことができる、そんな場所もたくさんあります。