東京での生活で注意すべき事項

東京で生活を始める前に

進学や就職などで東京での暮らしをスタートさせる人はたくさんいます。
日本の首都であり、未だに東京に多くの人が集まる傾向が高いため、これからも地方から東京に状況してくる人の数は増えるでしょう。
東京での生活に憧れを抱いている人は多いと思います。

しかし、東京は他の地域とは異なる特徴を持った場所です。
東京に移り住んでからカルチャーショックを受けないためにも、どのようなことに注意して生活をすればいいのか教えましょう。

東京での生活の注意点

まず、東京に住んでいる人は語尾にでしょや、なのなどをつけることが多いです。
特に男性の話し方が女の子と近い部分があるため、地方の方には違和感のある場合が多いでしょう。
オカマっぽいと感じてしまうことがあるかもしれませんが、慣れなければなりません。

東京に限らず都会に共通することですが、他人とは適度に距離をおいた関係を意識しましょう。
完全に隣の人を無視するわけではなく、かといってあまりにも深く入り込むわけでもない、微妙な感じの距離感を保つことが大切です。

東京でバスに乗る際には先にお金を支払いましょう。
前扉から乗って、降りる時は後ろ扉を使います。

東京では詐欺や宗教の勧誘にあうリスクが高いです。
たとえ友人だからといっても、怪しい誘いには乗らないように気をつけましょう。
美味しい話には特に注意をする必要があります。

方言については基本的には標準語を心がけるようにしましょう。
いわゆる東京弁を無理に話す必要はありません。
方言を使わず、できるだけ普通の言葉で話すことを意識しましょう。

車の運転をする時にパッシングをされることがありますが、これはお先にどうぞという意味です。
関西の場合は逆に自分が先に行く時にパッシングをするため、この違いには気をつけましょう。

関西との大きな違いとして、東京ではエレベーターは左側に立つものです。
右側は急いでいる人のためにあけておくべきです。
たまにこれを理解していない人がいるため、注意しましょう。

電車ではドア付近に立っている人は駅に停まった時には一度降りるべきです。
後ろから降りてくる人がいると、ドアの前に立っていたら邪魔になります。

東京では鍵のかかっていない自転車に勝手に乗ってはいけません。
もちろん、地方でもいけないことですが、東京では警察がよく自転車に乗っている人を呼び止めることがあるため、気をつけましょう。

東京にはたくさんの人が住んでいるため、周りの人への配慮を意識しましょう。
たとえば、電車に乗る時にはできるだけ奥につめましょう。
電車内で新聞を読む時には、混雑している場合はきちんと折りたたみましょう。

以上で説明してきたように東京での生活はさまざまなルールを守ることが大切です。
人口密度が世界でもトップレベルに高い地域であるため、人に迷惑をかけないことが重要なのです。